お知らせ

 

次回予定更新日

      平成30年2月15日

 

 

2002年12月4日の匠工房オープンから2018年1月17日現在の体験者数8541人

新しい年と共に、うれしいニュースが届きました。ふるさとづくり大賞・総務大臣賞受賞が決定いたしました。この賞は活力ある地域の構築に貢献した団体や個人に送られる賞です。「戦後、地域での伝承が危ぶまれた裂き織りの保存継承に取り組むとともに、自主財源のみで事業を運営し、地域づくりに観光交流、人材育成へと発展させてきた活動」を評価して頂いたとのことです。これもひとえに南部裂織を愛していただいてきた皆様のおかげと、心から感謝申し上げます。今後とも地域に貢献できるように、努力して参ります。

(左写真:本科課題作品の身幅前垂れ)

今月の体験風景にご登場になるのは五所川原市の藤田さん姉妹、三沢米軍基地の皆さん、つがる市の斎藤さん、青森市の飯田さんです。

 体験のススメの私にも出来る?で体験の予約ができます。

 

 1月8日 五所川原市の藤田さん姉妹

 
 

ずっとやってみたかった南部裂織。足をひくタイミングが難しかったけど、どんな作品ができあがるのか、ワクワクしながら作りました。とても楽し方です。出来上がりに大満足。

「ふるさとづくり大賞・総務大臣賞」受賞決定!

40周年記念 南部裂織保存会作品集V を刊行、ショッピングで販売中

裂織の製品は基本的に一点ものとなりますので、オーダーメードも承っております。炬燵掛けや小座布団、帯、バッグ、コートなど、ご希望の色合いにお作りいたします。また、お手持ちの思い出の着物などを使ったオーダーメイドも承ります。詳しくはオーダーメードのおすすめをご覧下さい。 なお、ネットショップみせやっこのショッピングで、取り扱い商品の一部をご覧いただけます。

無印良品のネットショッピングサイト「諸国良品」で南部裂織製品(ポーチ、ネックストラップ、ブックカバー)を販売中です。

2月12日(祭日)は開館し、13日(火)は閉館となります。

匠工房の定休日は月曜日です。月曜日が祭日の場合は火曜日がお休みです。

開館時間10:00〜16:00。体験の受付は14:45まで。

大切な思い出の着物や、形見の古い着物など、捨てるには勿体なくて、何とか活用して欲しいと思っている方、当保存会でリサイクルし、使わせていただきます。お電話若しくは、メールの上、下記住所へ、お送り下さい。

今回はホーム今月の体験風景修了しました!を更新いたしました。

 

今月のプレゼント

ミニ裂き織り額を

           1名様に 

   

  ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号を

  明記の上 メール または葉書にて、

  平成30年2月13日(火)までに

                    お申込み下さい。

  当選の発表は、賞品の発送をもって

  かえさせていただきます。

  プレゼントに応募する!  E-mail:nanbu@sakiori.jp
  所在地: 南部裂織保存会 匠工房「南部裂織の里」
  〒034-0051
  青森県十和田市大字伝法寺字平窪37番21号 道の駅 とわだぴあ内 
  пEFax 0176−20−8700
                   

 外は墨絵のような冬景色ですが、

    工房の中は色とりどりの織物とにぎやかな笑い声があふれています。

アクセス数
べ29